いますぐメール

問い合わせる

今すぐ電話で相談する

 050-3571-2012


事実!!

 

火災保険は

「火災以外」でも

請求できる

とご存知でしたか?


【このような風の被害でも火災保険は請求できます!】

屋根材の割れ


屋根材のヒビ



屋根の釘抜け


雨樋のゆがみ



テラスの屋根のズレ


外壁帯のズレ



【「風の被害」では火災保険を請求できないと思っていませんか?】

 

「火災保険=火災時に請求」と思っている方がほとんどで、“風の被害”で保険金を請求できると認識している方はほとんどいません! 

風災とは?

風災とは、台風、竜巻、突風、暴風雨、つむじ風、など強風での被害全てです。

 

・強風によって家屋の外壁、屋根、窓、その他が被災した。

・暴風雨で屋根の瓦がずれた。

・強風で、雨樋がずれてしまった。

・スレート屋根の棟板金が、全部剥がれてしまった。

・隣の家のスレート材が取れて飛散し、自宅の瓦が割れてしまっ 

  た。

・瓦屋根の漆喰が、風で剥がれた。

 

などは、全て火災保険での保険金請求が可能な被害例です。

 

風災による屋根の被害は、その他いろいろ考えられます。
例えば強風で、釘、ビス等で固定されていない瓦はズレたりします。

 

スレート屋根の棟部分の板金部分は強風で飛んでしまうことは良くありますし、雨樋は強風に煽られてはずれ易いです。
経年劣化ではなく、風が原因で破損した箇所は、全て保険金請求の対象になります。

 

【風災・雪災で保険請求できることは火災保険約款にも記載されています】

【某保険会社 火災保険約款記載例】

【でも、屋根の状況なんて自分では分からないし・・・】

 

そんな方もご安心ください!

 

保険金請求のためには、被害の状況を写真撮影し、保険会社へ申告する必要があります。

 

しかし、ご自分で屋根に登って災害被害を確認するのは難しく、とても危険です!

慣れていない方が屋根に登って万一転落したら・・・

 

当社へご依頼いただければ、住宅診断の専門家をご自宅へ派遣し、診断~保険金請求まで、親切・丁寧にサポートいたします。 

【火災保険申請サポートの特徴】

住宅診断完全無料

調査に関して、お客様に費用の負担をして頂く事はありません。

保険適用の被災箇所がある・ないに関わらず、無料で調査をさせて頂きます。報酬は火災保険金を受け取れた時のみお支払いただく

「完全成功報酬制」です。

 

【報酬額=お客様が受け取った火災保険金×35%(税抜)】

 

これ以外の調査料名目などの費用は一切かかりません。

もちろん、火災保険金が受け取れない場合には1円も報酬をお支払いただく必要はありません。

 

保険金の使いみちは自由

受け取った火災保険金は、原則住宅のメンテナンス工事に使う事が基本です。

しかし最終的な判断で、保険金を修理に使うかどうかはあなたの自由です。

 

火災保険金請求後も保険料のアップはナシ

自動車保険と異なり、保険金請求をしても保険料はアップしません。

 

 

住宅所有者が、ご自分で保険会社に保険請求の相談をしたところ、給付の対象にならないとの回答であった・・・というご相談を数多く頂いております。

 

ほとんどの方は火災保険に対する知識が十分ではないことに加え、被害状況を保険会社に対して上手く説明するノウハウをお持ちではありません。こうしたことから、申請はしたものの保険金給付の対象外と判断されてしまうケースが多いのです。

火災保険金の請求は、火災保険請求の専門家である当社へお任せください!

【火災保険の申請を当社へ依頼する3つのメリット】

住宅診断のプロが、屋根に登って調査します!

 

火災保険は火事だけではなく「風災・雪災・水災」など、様々な自然災害に適用されます。

住宅が強風や大雨で何かしらのダメージを受けていることが認められれば保険金の受給対象になります。

屋根に関しても専門家が隅々まで調査し申請をサポートします。

 

プロによる申請サポートで損をしない!

 

火災保険は、保険金不払いが社会問題になったほど、その商品内容は複雑です。

下手をしたら保険代理店も正確な商品知識をお持ちで無いこともあります。

そこで、必要に応じて保険会社と折衝した上で、受け取り保険金額の最大化を目指すサポートを行います。

 

ご希望のお客様には実質負担無しでメンテナンス工事をご提案!

 

火災保険金の使い道はあなたの自由です。

しかし、被害をそのままにしておくと住宅の安全性や資産価値が落ちてしまいます。

そこで、受け取った保険金の範囲で、自己負担無くメンテナンス工事を行うことをオススメします。

               ご希望のお客様には安心できるメンテナンス工事をご提案します。

 

【火災保険申請までの流れ】

無料の損害調査から保険の申請まで丁寧にサポートいたします

【住宅診断業者選びの注意点】

住宅の被災調査を専門業者に依頼される場合の注意点は

 

・火災保険に対する知識

・被害状況を見極める診断力

・見積もり作成のノウハウ

・保険会社との交渉力

 

それぞれに高い能力を備えた業者に依頼されることをオススメします。

こうしたノウハウや知識が無いと、

 

・本当は申請できる被災箇所を見落としてしまう

・申請できる見積もり金額より低い見積もりを作成してしまう

・保険会社との交渉が上手く行かずに、保険金が大幅に削減されてしまう

 

という結果になってしまいます。

 

また、メンテナンス工事を検討される場合には、保険金額が確定する前に工事契約を結ぼうとする業者にはご注意ください。

こういったケースでは、保険金が給付されなくても工事契約は有効で、後々大きなトラブルになる可能性があります。

 

【よくある質問】

 

 

 

無料調査という事ですが、本当に無料ですか?また、調査はどのくらいの時間がかかりますか?

 

 

 

調査に関して、お客様に費用のご負担をして頂く事は一切ありません。 被災箇所がある・ないに関わらず、無料で調査をさせて頂きます。 調査の所要時間は、およそ1時間前後です。

 

 

 

 報酬が完全成功報酬とのことですが、どういった仕組みですか?

 

 

 

お客様が保険会社へ火災保険の申請を行い、保険金を受け取った場合のみ、その30%を報酬として頂きます。

ですから、調査をしたけれど保険金が受け取れなかった場合には、1円もお支払いただく必要はありません。

 

 

 

被災箇所がなかった場合はどうなるの? 

 

 

 

被災箇所がない場合は、建物が健康であるという事ですので、申請対象にはなりません。

もちろん、調査費用などは一切かかりません。

 

 

  

どういった建物が対象ですか?

 

 

 

火災保険に加入済みであり、自己所有している【民家・店舗・工場・アパートなど】全ての建物です。
賃貸や分譲マンションは建物自体を所有しているオーナー様からの依頼であれば可能となっております。

 

 

  

いま加入している火災保険は、どこの保険会社でも大丈夫ですか? 

 

 

 

特に制限はございませんが、保険の内容によっては申請できない箇所もあります。

 

 

  

火災保険って何度でも使えるの?保険料は上がらないの? 

 

 

 

被災するたびに申請をした被災箇所を修繕して頂ければ、何度でも火災保険は使えます。

保険料も、自動車保険と違い等級制度などはありませんので、何度使っても同じ保険料です。

 

 

  

損害申請した箇所は、必ず全てを修繕する必要があるのですか?

 

 

 

保険金支払いの原則は、建物に損害が発生した場合、その損害を現状回復するための費用を支払うものになります。

しかし、修繕方法や修繕するしないはお客様でご選択ができ、必ず修繕する必要はございません。 

 

 

  

保険会社は、現場を見にくるの? 

 

 

 

基本的には、現場を検分して査定します。

しかし、保険請求の受付件数が多い場合や、金額が30万円程度などでは、実地検分をしないで、書類だけで査定することもしばしばあるよう

です。

まずはご自宅に風や雪による被災箇所が生じていないか?無料診断を受けてみませんか?

 

診断は完全に無料です。無料と偽って、お客様が不快に感じるような営業も行っておりませんので、ご安心ください。

 

あなたからのご連絡をお待ちしております。